読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日陰ぼっこと月光浴

陽の下では生きられない

最終兵器は吸血鬼

6月末前回のbulbさんは下北沢CLUB Que、今回は同じ下北沢にあるSHELTERにて

朝家を出た後に電球忘れたことに気づいて早々に帰りたい病←

 


 

7/19 (tue)

赤丸1st mini album "the world is mine" Release tour

『最終兵器は誰だ!?』FINAL!!

@下北沢SHELTER

OPEN 19:00/START 19:30

 

赤丸

Droog

bulb

 


 

f:id:m-bloodrelative:20170417204231j:plain

 

 "本日の下北沢

急がれよ

さすれば吉かと"

という律さんの宣言通りトップバッター

 

 

bulb

 

今回もQue同様ステージの関係上ドラムは向かい合ってバスドラを共有するお見合いセット

ステージに幕がなくてセッティング丸見えだったんだけど柵とステージがくっついてるタイプで2列目でも近い…てなった

 

【SET LIST】

 

 

1. 魔法

2. MONSTERS

-MC1-

3. Eupholia

4. 銀月

-MC2-

5. I'm sreaming

6. HAM

 

 

魔法は軽めのアウトロカットでMONSTERSに繋がるような感じ

ステージの奥行きが狭くて天井ライトが少ないのかな?暗くするとシルエットも何もあんまり見えない 最初の2曲は割とそんな電球切れ状態で本人たちの電球が強調されてた

MONSTERSイントロでだったか、律さんが毅さんに寄って行ってて、尋常じゃなく寄って行ってて(笑)なんか言いたいこととかあったのか、bulbであそこまで毅さんのとこ行っちゃうの珍しい

 

今回ツアーファイナルにお呼びくださった赤丸さんとは酒を酌み交わす仲なんだとか。なるほど。

 

Eupholiaは律さんのギターから入るその音が子守歌とかみたいに優しくて、歌詞も夜の感傷に浸った心をあやすようなイメージで好き

新曲連続セトリで次は銀月

 

最後は上げて上げてハイな2曲でタスキを繋いでトッパーbulb終了

誰かが走ってたのか速いverだったのか、畳みかけてる感すごかったし最後のCVSシラタマさんシャウトが男勝りだった

 

MCは大して何もなかったかな

流れは忘れたけど突然アイアイを歌い出したちゃぢさんが

「次はりーつからだよー」

って振って

「入りづらいよー」

の流れがうけてたよ笑

 

ラストHAM終わって捌けずに撤収始める楽器隊面白すぎる…

 

 

 

飲み仲間さんツアーお疲れ様でした

 


 

さてこれは本編とは全く関係ないお話

シェルター入口で開場待ちしてた時間僅か10分ほど

その間に2ヶ所も蚊に刺されたの 脚出した罰ですか?

下北沢の最終兵器はこいつらだ

 

 

au revoir

 

 


 

 

異界の武竹

またも手刀

此度は手刀バンド故、問題なし

 

f:id:m-bloodrelative:20170419002346j:plain

 


 

 7/4 (mon)

異界の扉

池袋手刀

OPEN 18:30/START 19:00

 

glamscure

E.T

武竹

Broken Human Nerve

 


 

f:id:m-bloodrelative:20170419002409j:plain

 

f:id:m-bloodrelative:20170419002422j:plain

 

 バンドごとに出してるフライヤーが全然違うし武竹は主張が強い

 

 

glamscure

 

某さんがリミックスだかアレンジだかで協力したりしてたから興味があって初見

 

・DADAさんを彷彿とさせる人

・苦しそうだけどラフカラー首締まってない?大丈夫?団長かと思った←

・サイレンスの白くて口から墨汁出てる人

・ドラムは見えない

 

濃い。全体的に視覚的にもなんか刺激が強すぎる

あとたぶん、ラフカラー麺に厳しいとかじゃないよ

 

曲フリで "デウス…エクス…マキナ…!!!!" って聴いてモワしか思い浮かばなくて思わず隣で観てた血族と噴き出す

 

物販見たかったのに祈さんが立ってて怖すぎ 断念。

なんだかんだ言ってるけど対バンしてくれる機会があれば是非また観たい

 

 

武竹

 

なぜ3番手にきているのかよくわからないが、もうコピーバンドという域を超えているのかもしれない

 

【SET LIST】

 

 

1. HYPER LOVE

2. タナトス

-MC-

3. MACHINE

4. 極東より愛を込めて

-MC-

5. DADA DISCO

6. TO SEARCH

 

 

安定のTO SEARCHわーい

っていうのは最後の曲だから置いといて、

 

誠さんは黒襟の白シャツ そして安定のメイク(察し)

想さんは女優帽にマラボー的な黒い羽根

 

HYPER LOVEは初披露かな?

聴いた記憶がない

というか前半の曲はあまりタイプじゃなかったかもしれない もしくは本命(TO SEARCH)に気持ちが飛んでいたかもしれない

 

そんな中でも印象に残った曲がDADA DISCO

愛すべき変人さんとしてはDISKOと表記したくなるね

本家buck-tickでも比較的新しめの曲らしい

この曲は想さんと摩様の掛け合いとか鳥のヒナみたいな想さんとかが可愛い 二の腕出してたからいつもの5割増くらい可愛い

 

全世界お待ちかねのTO SEARCHは毎度くどいくらいに褒めるけどほんとに好き

今回は筒…もとい御髪が頭から落ちるハプニングもあったりしたりして

ティルさんとのリズム隊アイコンタクト少なめだったのはもう振り返らずとも双方の出方が分かってきたということなのかな

 

2回目のMCかな?アンコールありがとうって言ってた いつの間にか勝手にアンコール始めてた

またやりたいとのことで華麗に10月への伏線を敷いておりました

 

メンバーの空気感も一体感も出てきてて

そこが逆にもったいなく感じてしまうよ コピーバンドなんだもん

まあ、今はA.Knightsだけでいいのかな とりあえずは。

 

 

あとは物販で写真買って帰宅。

写真山のようにあるし、どれがいつのか分からなくなりました(悲劇)

 

 

 

au revoir

 

 

 

 

ジズキーツーマン@手刀

529ぶり!寂しかったよ!的な。

 

f:id:m-bloodrelative:20170414001849j:plain

 

手刀ZIZ論争(1人でやってる)は今回は一旦休戦

 


 

7/1 (fri)

gloomy sex object

@池袋手刀

OPEN 19:00/START 20:00

 

ZIZ

gibkiy gibkiy gibkiy

 


 

思いがけないところで望みが叶うと人は後ろめたさすら感じるということを学んだ今回の布陣

誰かがいなくなった…笑

 

体調不良につきセトリは無理だった(中抜けしてる)

 

 

 

ZIZ

 

CHAOSMOSで暗めの照明はZIZらしさをうまく捉えた演出になってて手刀がZIZに寄ってくれる喜び

 

最初2,3曲は並々ならぬ気合いで少しこぢさん力みすぎちゃってる感じがしたけど少しずついつものペースを取り戻してたかな。

いろんな要素が1曲の中に集約されてて大好きなL'AMI LAMIEは今回も好調

 

DOPEでちゃぢさんがまさかのミスをするもうまくフォローされてて優しい世界…

茶々入れたりよくしてるコ!さんだけど演奏のミスとか機材のトラブルは茶化さないで毎回うまく繋いでてライブの流れ壊さないのかっこよすぎる

 

今回の私的特筆メモ

・小さくモンキーダンス可愛い

・今回はSugiya'sマイクスタンドなし

・ちゃさんネックレス(完全なる私信)

 

そして公私ともに仲良くしていて一緒にCDも出しているZIZさんが触れない訳もなく、

ZIZ単体ではまずライブで披露されることのないナンバー

森岡賢さんとの合作SIGN

賢さんの場所はちゃんと取っておくボーカルも、思い思いのモリケンダンスをするメンバーも愛しくて。

しんみりした曲じゃないし、そういう雰囲気でなく、だけど確かに彼の人を偲ぶように同じ空気を共有するような時間を作ってくれて

改めて 何度でも このバンドに惚れ直す

 

届いてた

とかでなくきっと

いたと思う

あの場所に。

 

 

こんなところで。

ああそうだ、いまだにアナグラム解けないよ…

 

 

 

おまけ

 

 f:id:m-bloodrelative:20170417180858j:plain

 

次回予告(壁に貼ってあった)

 

 

au revoir

 

 

 

 

梅雨公演 水玉電球

梅雨本番、幸いにも当日は時々ぱらつく程度で雨模様ではなかったけれど

前日急遽「あと律さんが明日は雨だから衣装は水玉にするって言ってました。」というシラタマさんの一言に翻弄されるお客さん達…またギリギリ…口約束は嘘…

 


 

 6/30 (thu)

 alcaholics vol.11

@下北沢CLUB Que

OPEN 18:30/START 19:00 

 

alcana

cruyff in the bedroom

bulb

 


 

 それでも会場には水玉の人がいっぱい

人の顔が覚えられないから本当にbulbファンかただ着ていただけの他バン動員かは不明

 

 

f:id:m-bloodrelative:20170414001117j:plain

 

 

bulb

 

トップでばるぶさん 10分くらい押しでスタート

ド上最前いたらカメラ設置しに来て恐怖 律定点カメラ的な。

 

 

【SET LIST】

 

 

1. euphoria

2. My cat

-MC-

3. 影

4. 銀月

5. 砂の音

-MC-

6. MONSTERS

7. I'm screaming

 

 

1曲目からギター綺麗すぎてもうどうしよう!的な。euphoriaは曲名通りのギター森林浴タイムがいつもよりサービス延長されてた

全体を通して今回ギターは儚い切ない系の線の細い音を使ってる時間が多かったかもしれない

My catはヘドバンタイムにぶんぶん頭を振りながら上手前方にやってきたシラタマさんに思いっきり足踏まれて律玉が目合わせて2人揃って驚いた顔してた ごめんごめんて手を合わせてセンターまで帰ってくの見てた頭振らない勢←

 

初めのMCは

はじめましての人がいっぱいいると思う

どうせわたしのことメンヘラクソビッチだと思ってんだろ!メンヘラだけだよ!!

シラタマ節全開でスタート

はじめましての人に可愛い顔してなんてこと言うんだ

途中から捲ってた袖下ろして見えなくなったけど、律さんも左手首にリストバンドしてたからメンヘラ兄妹感あった

リハでたっどちゃぢ合作の新曲"乳液DE保湿"ができたらしい(じろちゃぢのミスターナイス的なもの)でも2人揃って全然できないの(笑)

正さん「後日詰めときます」←詰めなくてよろしい。

TAD6氏が後頭部をヘアメエキスパートCHARGEEEEEE…さん(?)にやってもらって生まれた"センキューフォーエバー"という謎の決め台詞を使っていいよ♡とか押し付ける場面もあったなあ

 

もう頭が次の曲に行っちゃってるリーダーはMC途中から所在なさげに脚立を引っ張ってきて足を組んだりうろうろベストポジション探し

結局長い美脚を両方1番上の段差に揃えて窮屈そうにちょこんと座ってへ 位置的に強風に下から煽られまくっていた

CDにはないフルバージョン仕様で"白い夢"らへんギター綺麗すぎた

仮タイトル銀の月からのがなくなって銀月で決定なのかな

砂の音は今回散ってたね…そんな日もある!

 

で、チャゲフェス告知

白「チャゲフェス!チャージグラマラスフェスティバル!」

律「全然違う」

毅「グラマラスブギーナイトだろ」

白「はい!10/7 その日はなんと…」

充「たんじょーび当日!!!!」

白「場所は渋谷の…どこだっけ…」

正「スターラウンジでしょ」

もうね、1個の告知にメンバーフル出場 長いから省いた ボケとツッコミ1:4の割合だし何よりあの充氏をツッコミに回すアヤコさんすごい

雑すぎるシラタマさんによるお誕生日告知に律さんがちゃぢさんを振り返って「泣いてるの?(目の辺りを指して)この辺キラキラしてる」って言ったところ、あんまり聞いてなかったのか一瞬狼狽えたのち律さんに投げキッス

…ちゃぢさんもボケだった

曲と喋りに処理能力が追い付かない初見さんを置き去りにするチームプレー漫談

 

お後がよろしいようで って感じで上ギと下手ドラムが徐々にテンションをかけてMONSTERS 常にどっちかがどっちかの周りをを回ってる説が上がる律毅コンビの息ぴったり感はいつ聴いても最高

トラブる正さんに吸い寄せられて下手出張中、ステージの関係上向かい合って1つのバスドラ踏むお見合いセットにされてるツインドラムの真ん中あたりを見ててふと顔上げたらちゃー様が思いっきり変顔してくれてた お客さんのことよく見てらっしゃる…気を付けます…

で、今公演のハイライトシーンI'm screaming

今回のアイスよかった

が、マイク断線(笑)

場を繋ごうと

「ここで~なんたらかんたら~」

と喋り出した某氏のイントネーションが完全に漆黒してる某広島訛りのボーカリストと一緒でそっちの方が面白かった

 

 

今回何故かメンバーの衣装メモってたから放流 りつ様ばっかりなのは仕方ない

 

・律

草間彌生シャツ

黒カーデ(左腕伝線)

黒スキニー

手首にリストバン

緑電球

水玉靴

 

・TAD6

グレーに大きい白の水玉トップス

ブルージーンズ

白ラバソ

 

シラタマ

セクダイの前面が大きい水玉のやつ

白のショーパン

 

・CHARGEEEEEE…

白のハイカットコンバース

黒ロンスカ

 

・TAKE

水玉スカーフ(それは…律さんのでは…?)

 

あれ、水玉チェックしてたはずなのにちゃーさんの水玉部分を認識できてないようだ

 

 

セッティング及び撤収大好き人間だから凝視してたら去り際に

「……ばいばーい」

って客席に言って去っていったから直帰

なので対バンさん観てないごめんなさい

 

梅雨らしく、物販には傘とか夏に備える虫除けバンドとかがあった

ホームセンター的品揃えである

もはやそうなると電球は災害時の懐中電灯的な意味合いに変わってくる

 

 

下北続きのライブでは第1弾のこっちに私的軍配は上がりました!

水玉推したの絶対オキニの彌生T着たかったからでしょ笑

 

ギターの人、今日の主役♡って感じで全体的に素敵だったからなんでもいいよ

 

 f:id:m-bloodrelative:20170414001057j:plain

 

au revoir

 

 

 

 

 

梅雨の空へ想う-LOOPUS-

6/11 (sat)

AREA 19th ANNIVERSARY

~Evil God's Cabaret~

@高田馬場AREA

OPEN 18:00/START 18:30

 

LOOPUS

MADAME EDWARDA

Punktoronica

 


 

すぐには受け入れられなくて、

来てほしくなかった日

何もかも受け入れられなくて。

 

ズタズタのまま浮気

 

 

 

観たのはトリのみ

 

 

LOOPUS

 

【SET LIST】

 

 

SE

1. R.I.P.

2. Jerk'N'spark

3. Zero

4. Be

5. Biorising

6. 無敵のアクエリアス

7. Shift

 

-EN-

8. Soulmate

9. My Way

 

 

口には出さないまでも、1曲目はRIP

思うところがあったのだと勝手に結びつけてしまうよ

 

上げて堕として掬い上げるようなセットリストにまんまと嵌められ途中で精神が死にかけるメンヘラ←

一旦挟んできたダウナーが本物過ぎて辛かった。

 

LOOPUSはいつもエデンで天国なんだけど

この日は本当に救いであり、逃避の末の終着点だったから

いつもいつもまた生きて逢いましょうなんて言ってる宙也さんがこのバンドでまた6月のAREAに今年も立ったことが当たり前じゃないと気づいた

 

アンコールはSoulmateMy Way

全てだよね 年の功ですよ

この説得力はそうそう出せない(唐突な悪口とかではない。褒めてる。)

 

固定セトリかと疑ういつものいい加減曲名も覚え始めたラインナップではなくて、今回は知らない曲が詰まってたかと

2曲目のJerk'N'spark好き系だった気がする(記憶力)

これ聴いたことあったかな…?記憶にはあんまりない また聴きたいな

 

 

心身は繋がっているので双方ともに絶不調につきこのくらいで。

 

 

物販にて穴があいた寂しい場所を埋めるかのように律さんが自分のソロと別ユニットの在庫を持ってきてくれてた

 

いつもの皆様の優しさで全種お迎えできた

 

f:id:m-bloodrelative:20170216193239j:plain

 

 ファンの方と律さん、両方の優しさでほんのちょっと過去に触れられる音を聴けた

 

 

音源にしたら、1度聴いたら、永遠になるのかな

それでも もっと今を、まだもっと、と思ってしまうよ

彼の音をもっとずっと深く慈しんでいた人たちがいて、そばで苦楽を共にしてきた人たちがいて

そんな人たちは自分の目に見える範囲にも存在してるから なにも言わない

 

f:id:m-bloodrelative:20170216193341j:plain

 

悲しいだけの日で終わらなかった ありがとう

 

 

au revoir