読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日陰ぼっこと月光浴

陽の下では生きられない

こぢソロ スプリットツアー追加公演

Közi

目黒の鹿鳴館を皮切りに北は北海道から南は九州まで、3バンドで回ってきた一座

ラストの新潟を終えて全12公演をやりきったツアーの追加公演

 

 f:id:m-bloodrelative:20170216173229j:plain

 


 

5/21 (sat)

the dark side of the monochrome

@Zirco Tokyo

OPEN 18:00/START 18:30

 

Közi

gibkiy gibkiy gibkiy

藤田幸也エレクトリック!

 


 

お初のZirco Tokyoはシューゲフェスで行った吉祥寺のSEATAと同系列のライブハウ

出来たばっかりなのもあって綺麗なハコだった

仕切りのある喫煙スペースがあるのって珍しい

 

ギブキーも観たけど今回はKöziさんのみで…。

 

 

 

Közi

 

ゼブラ柄のお召し物 下に黒いインナー着てるように見えた

首にはラフカラー巻いてて、やっぱりこぢさん世界一ラフカラー似合うよ!!!!

 

【SET LIST】

 

 

1. ISM

2. GROTTESCA

3. CRUEL ARCADIA

4. LIFE GOES ON

5. INNERMOST…

6. INCOHEREANTS

7. HONEY VANITY

8. CRIMSON STAR

 

 

 

 

セットリストには自信がない。

 

 

このツアーでは

Vo. Közi

Gt. aie

Ba. kazu

Dr. sakura

のツアーのためだけのメンバーによるこぢソロ曲演奏で

目黒以降一切遠征せず、最初と最後だけの参加だったらびっくりするくらい進化して帰ってきてて驚いた

余裕がなかったのかいつも一緒のイメージの弦楽器隊が1度もアイコンタクトを取らなかった鹿鳴館とは打って変わって息ぴったりになってた

 

キャパから考えるとかなり横広のライブハウスで段差上柵前にいても近い

照明も音響もある程度いい感じ

やりやすいのか界隈の人たちよく使うハコになってるのも頷ける

 

嬉しかったのはツアーで演奏してるって聞いてて聴きたかったCRUEL ARCADIAを演奏してくれたこと

成長を見せつけるかのように初日と近いセトリの中でアルカディアが入ったのはラッキーだったなぁ

 

地方でのセトリはどうだったか知らないもののハニバニ→クリムゾンスターで締めるの、こぢソロ代名詞詰め合わせって感じで好き

悲しみに直面して乗り越えてはまた落ちていくようなHONEY VANITYのループすらはねのける、CRIMSON STARの真っ赤なエネルギーでフロアを染める彗星は どこまでも愛しい人。

 

 

Köziさんが "ライブっていいですね" って言ってて、

それはきっと今日で最後のメンバーたちとの時間を惜しむ意味もあったのだろうけど それでもライブっていいですね なんてことをあんなに穏やかな声で言ってくるのずるいよ

ソロの曲はKöziさんにとって明るい楽しいものばかりじゃなくて、どれも大切な曲であるのには変わりなくても前向きに昇華されたって意味が含まれてるのだとしたらすごいこと

 

ここ数年の生き急いでるかのような怒涛のスケジュールもタイムリミットを意識したものじゃなくて 純粋に楽しいから だったらいいな。

 

 

 

アンデッドTことツアーTは初日に発売された白の他に巡業中にこさえたらしき赤、そしてこのラストのために新たに加わった紫の3色

 

f:id:m-bloodrelative:20170216182723j:plain

 

既にこの日は品切れで売ってなかった白はもう持っててもう1枚、どっちを買おうか迷ってて

……気付いたら両方買ってた意思の弱さ

 

 

f:id:m-bloodrelative:20170216182920j:plain

 

コンプリートですありがとうございます

 

 

 

マリス時代以来って言ってたくらい細かく地方をたくさん回ってきたツアー、お疲れ様でした。

フェリー乗って喜ぶ無邪気なこぢさんが大好きです。

 

 

 

au revoir