読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日陰ぼっこと月光浴

陽の下では生きられない

ダイイングメッセージは魑魅魍魎に捧げる楽曲のオブジェ

分かる人にしか分からない頭のおかしいタイトルは置いといて、

シュヴァンクマイエルinパラボリカビス×Közi 第2弾

 

看板とかないから上げる写真がない

 

浮かれすぎて真っ赤な装いで行ったら友人たちも紅に染まってて慰めてくれる人はもういなかった(バンドがちがう)

 


 

10/23(fri)

シュヴァンクマイエルに捧げる楽曲のオブジェ

@パラボリカ・ビス

OPEN 18:30/START 19:00

 

ライヴ/közi+yugami

 


 

前回とはステージ・フロアの位置が逆に。

席数は同じくらいと思われる

 

あの暗い無機質な室内の雰囲気が落ち着く ああいう場所がとても好き

 

 

この日のこぢさんメイク濃いめでものすごく好みだった…(毎回今日が1番かっこいいって言ってる人の証言)

黒いハットもお似合いで…ギターを爪弾いて俯いたときに顔が翳る様子が会場とイベントテーマに合っていて、そういうところまで考えての演出だったのかな

 

LIFE GOES ONはどうしてあんなに心に刺さるのか。 "かまわない" のあまりに悲痛な響きに堕ちるしかないの

毎回こんなことばかり言っている。いつかこの曲についてだけ語る記事を書きたいくらいだよほんとに…

初めに弾き語りで聴いたときには違和感があったINCOHERENTSもアレンジが変わったというか馴染んできて、アコースティックverも好きになった

風に吹かれてるようなイントロが綺麗

 

どこかで弓弾き姿も見せてくれて、ピックや指みたいに細かいニュアンスは出せないのかもしれないけど、ゆがみさんとの掛け合いで少しだけだったしあんまり音の変化に違和感はなかった

 

アンコールにも応えてくれて大満足 なんかもう成仏できそう

 

何よりZIZではあまりない2人の重くて陰鬱な音色を肌で感じられる貴重な機会

第3弾のとき、実は欠席しちゃうから本当に貴重な機会

元が明るい人間じゃないのもあって、こういう演奏会はぜひ定期的に開催して仄暗い心の傷抉ってほしい

 

f:id:m-bloodrelative:20160710233308j:plain

 

会場音楽CDも無事にGET

 

 

 

 

 

で、なぜか成仏しきれず高田馬場

 


 

10/23(fri)

ダイイングメッセージは四字熟語「魑魅魍魎」

@高田馬場CLUB PHASE

OPEN 17:00/START 18:00

 

無重力クッキー

bulb

THE SALA

 


 

 終わってそうだったしのんびり外で黄緑電球と写真を撮ったり

 

f:id:m-bloodrelative:20160710233121j:plain

 

きちゃった☆くらいの気持ちだったから特に焦る気持ちもなく(←)トリのbulbさん終わったか入口で聞いたところ時間的にほぼ終わってるけどまだやってるとのことで入場

 

 

結果主催者さんも交えたアンコールかな?を半曲聴けた

 

遠目に観ても確認できる、さっきの会場で感じたのとはまた別の禍々しさ…

シラタマさんは頭に黒いワイヤーの冠乗ってるし

律さんオーバーリップでまつ毛長いし肩に巨大な蜘蛛乗ってるし…お兄さん、目の下蜘蛛の巣張ってますよ!

全員とりあえず顔の白さと目の周りの黒い面積が5割増くらいでハロウィン満喫してんなーって思った

 

見えるところに黄緑持ってきてて♡

終演後黄緑部分の補完をしてくれる優しいファンの人々。

 


 

できたらしようくらいの軽いハシゴで、なんなら物販へお布施しに行こ。くらいの気持ちだったからたまにはこういうのも楽しいかも(激弱だから目眩で終わった後死んでたくせに)

 

チャゲフェスで観たばかりのメンツだったけどみなさん引き出しの多い人たちだから飽きることなんてなく。

 

世界を敵に回す赤い彗星コンビとと魔女を囲う魑魅魍魎に捧げた楽しい10月の宵

 

 

au revoir