読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日陰ぼっこと月光浴

陽の下では生きられない

T4R 7thソロライブ

この会場でワンマンやること自体はいつものことなんだけど、今回は少し趣旨が違ったみたい 

 


 

12/26 (sat)

T4Rソロライブ『Act7』

@大塚Hearts+

OPEN 12:30/START 13:30

 

T1:Gt.伊東正

T2:Vo.広石武彦

T3:Dr.堀江毅

T4:Ba.篠田達也

R:Gt.斉藤律

 


 

 広石武彦『限界挑戦Xmas!2015@大塚ハーツプラス』

と銘打たれたイベント

2部構成みたいな感じで昼はT4R、夜は広石武彦ソロだったらしい

T4Rしか行ってない(知ってる)

 

f:id:m-bloodrelative:20160904111409j:plain

 

オープンが12:30!

早い!

 

 

 

 

【SET LIST】

 

 

01. DESTINY INSANE

02. PRIDEEGO

03. BLACK HOLE

04. KALEIDOSCOPE

-MC-

05. TIME WAITS FOR NO ONE

06. INNOCENT

07. RUSTY FLOWER

08. DV CHILDREN

09. GRADATION

-MC-

10. WIRELESS

11. JUICY FRUITS

12. EMPTY WORLD

13. LUCIFER

-MC-

14. THE REAL THING

15. WAITING FOR THE TIME

16. SELFISH

 

EN1

17. RAMBRING LIFE

18. ALREADY

 

EN2

19. RUNNING WILD

 

 

※DVD参照

 

こんな昼間に…と思ったのは最初だけ。始まっちゃえば昼だってことも忘れた

ライブハウスの中は昼も深夜も夜だった

 

不規則バンドマンたちもさも虚ろなスタートだろうと踏んでたのに、Rさんはスタートからむしろ普段より絶好調に見えたかな

MCでもそこにみんな言及してたよ

 

オルタナイトでT2&R+その日の共演者さんがやってたBLACK HOLE、やっぱりバンドでやってこそだなぁと

 

この日お披露目の新曲はGRADATION

これだいぶ好きー

 

恒例ファッションチェック

Rさんは黒シャツ黒カーデとりあえず全身黒にヴィヴィアンネクタイ

他の人も黒い感じでT3さんはハワイのヤクザ

ロックバンドって雰囲気にRさん普通に馴染んでた(メイクが薄かった)目玉がカラフルだったのは忘れよう

 

何かと楽器隊とかコーラスが事故りがちなEMPTY WORLDは毎回ドキドキしながら聴くことになりがちだけどAct7ではDVDが事故

映像チェックした????

Rさんのギターで始まるRAMBRING LIFEを代表曲って言ってたのすごい分かる 私的感情は先入観が起因している可能性も否めないがとにかくこの曲はバンドの良さが映えてて大好き Rさんも輝いてる

最後のRUNNING WILDはT2さんに肩を抱かれてRさんが同マイクで歌う仲良しさんしてた

 

本編ラストにジャーン!ってすればよかったねって話をしたと言いながら結局最後の最後も不発に終わってて(笑)

 

 

MCではオルタナイトの話にも一瞬触れててリハ1回で他人の曲をたくさん…と振られたRさんがなんかもぐもぐしながら「24曲!」って言ってたのがハイライト

DVDでもバッチリピンで抜かれた

あとは

  • Rさん準備体操
  • そろそろレコーディングしたい
  • 誰も年内告知ない
  • メリークリスマス
  • グズだから着替える時間もないの
  • 惑星みたいに2人で回るRとT3

みたいな感じかな

 

 

 

物販は新しいものは特になく。でもまた買った人にサイン会やっててT4Rでは初めて参加してみた。

夜の部もある2人はいなくて

R→T3→T4の順

いっぱい握手してくれた

会話はなく一方的にこちらがダメ出しされて(されて!)T3さんにフォローされる図

 


 

師走はライブ4本中3本が全部違うバンドのワンマンとかいう壮絶な日々、本当にお疲れさまでした。

また来年。次もT4Rで。

 

 

au revoir